今年はヤマトウリが活躍するかも

今年はまだ五月だというのに初夏のような陽気の日が続いています。我が家では毎年夏の日差しをみどりのカーテンで、少しでも和らげるようにしています。何年か前に始めたのですが、その頃はテレビの情報番組などでも省エネのためのみどりのカーテンがよく取り上げられていました。

 

そんな時に紹介されていたのは、ゴーヤが多かったように思います。わたしも、みどりのカーテンの始めの一歩として使ったのはゴーヤでした。いくつもゴーヤの実が成って成功でした。ただゴーヤの場合にひとつだけ困ったことがありました。

 

それは、たくさんの花が咲くことです。かわいい黄色の花が次々と咲いていきます。そして、咲いた花はまた次々と風に散らされて飛んでいきます。我が家はマンションです。それも一階の庭があるお部屋ではなくて、上の方の階です。お花はご近所に風と共に去りぬといった感じで飛んでいきます。

 

文句を言われたことなど一度もありませんでしたが、なんとなく悪いような気がします。そこで、ゴーヤはその年だけで翌年からは一軍を外れてしまいました。あらたに活躍の場を与えられたのはリュウキュウアサガオ。このみどりのカーテンは花を咲かせても風で飛んでいくというタイプのものではありません。

 

安心してどんどん葉を茂らせてもらって、みどりのカーテンとして大活躍しました。その次の年に一軍入りしたのはアサリナ。この蔓性植物もどんどん成長して葉を茂らせます。花も咲きますが、リュウキュウアサガオと同じく風で花が飛んでいくというほどではありません。

 

合格です。そして、今年はお友達からいただいたヤマトウリを試してみようと思っています。ヤマトウリは実もタンパクで食べることができます。